新刊案内:地域開発と駅裏

2020年08月12日

近刊案内―9月上旬刊行予定「地域開発と駅裏」

コミュニティ主体の地域開発や地域マネジメントを展開する人々の待望の書。

「地域開発と駅裏」東北各県都にみる地域形成の不均衡と持続可能性への視座(佐々木秀之 著)
書誌情報:ISBN978-4-9909853-6-3 C0021 3,300円+税

先行予約開始 地域開発と駅裏

「緒言」より

 2019年12月に開催されたCOP25(第25 回国連気候変動枠組条締結国会議)において、16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリがこれまでの各国の不作為を指摘したことが全てを物語っている。地球環境という重大なテーマにおいても、こうした結果となってきた理由の一つに、後進国が裏側の存在とされてしまう状況があり、そういうことに対する視点の欠如が関係してくる。
 本書は日本における東北地方の地域開発を取り上げたものであるが、こうした世界的な関心と無関係なわけではない。本書では、明治期における産業革命以降の地域開発の展開について、「駅裏」を題材に述べる。「駅裏」は、資本主義的経済発展の過程で発生する、表と裏でいえば、まさに裏とされた存在である。

 裏とされた側を受け止めることは地域社会にも求められており、いかに負の部分を隠蔽せずにきちんと受け止め、それと向き合うことができるかということが、持続可能な開発の鍵と考えるのである。

 本書は、日本における地域開発を、いわば日本における後進地域である東北の視点から取りまとめている。その際、着目したのが「駅裏」と呼ばれる地域である。この「駅裏」の形成からその後の展開過程について、本書では通史的に検証し、明らかにしている。

 東日本大震災の復興過程では、経済優先の地域開発の限界があらためて指摘され、多くの人々の認識や行動を変化させている。東日本大震災からの復興過程では、多様な地域開発の手法や知見が導入され、それを世界各国が注目し、支えてきた。そこにおいて重要であったのは、地域コミュニティの活動であり、この活動の広がりなしに持続可能な開発はなしえないことも、あらためて認識される結果となった。阪神・淡路大震災以降、急速に数を増やしてきた非営利組織や社会課題をビジネスの手法で解決を目指す社会起業家の取り組みも顕著であった。

 東日本大震災からの復興過程では、SDGsが示す「誰一人取り残さない」社会を目指しての取り組みが具体的に展開されていたのである。こうした実践が、繰り返し展開され、社会的な評価を受けながら、さらに広がっていく仕組みづくりの構築が今後の課題である。

2020年08月05日

『「つきのうら」の真実―サン・ファン・バウティスタ号の出帆地・造船地を探索する―』(遠藤光行 2020)がアマゾンでご購入が可能になりました。

下記よりご購入できます。ご利用ください。

Amazonへ

2020年08月03日

『大字誌両竹1』(西村慎太郎・泉田邦彦 2019)がアマゾンでご購入が可能になりました。

下記よりご購入できます。ご利用ください。

Amazonへ

2020年02月12日

新刊案内 青空があるじゃないか ―徳泉寺復興誌― 早坂文明著 蕃山房刊

青空があるじゃないか ―徳泉寺復興誌― 早坂文明著 蕃山房刊
1,000円(本体)ISBN 978-4-9909853-5-6 C0014

 宮城県山元町にある徳泉寺は、東日本大震災の大津波によって消失しました。住職の早坂文明は、平成時代から令和時代へ絆を継承する勧進「はがき一文字写経」という稀有の方法で徳泉寺再建を計ったのです。東日本大震災で被災したお檀家の皆様の菩提寺である徳泉寺は、日本全国から寄せられた約2,000人の納経により、東日本大震災をかたりつぐ、人々の祈りの寺院として、再建立されました。
 この復興誌は、徳泉寺消失から再建までの道のりを明らかにして、納経者のみな様やクラウドファンディング協力者の皆様へ、感謝とともに献本する主旨で作成されました。「はがき一文字写経」の勧進は一般の方々の耳目を集め、問い合わせも多いため、少部数ですがご希望の方に販売することになりました。ご購入ご希望の方は徳本寺および蕃山房にお問い合わせください。
 また、徳泉寺復興を記念して、3月11日から15日まで「徳泉寺復興感謝祭5DAYS」(チラシはこちら)が開催されますので、「はがき一文字写経」が掲示された徳泉寺をお訪ねください。

蕃山房ホームページよりご購入下さい

2020年01月16日

新刊案内『「つきのうら」の真実―サン・ファン・バウティスタ号の出帆地・造船地を探索する―』

『「つきのうら」の真実―サン・ファン・バウティスタ号の出帆地・造船地を探索する―』
遠藤光行著 1,200円(本体) ISBN978-4-9909853-3-2 C0021

「つきのうら」論争に、さらなる一石を投じる!!

慶長遣欧使節を乗せて太平洋を往来したサン・ファン・バウティスタ号の出帆地・造船地はどこか。現石巻市月浦が通説だが果たしてそれは事実か。

この一大事はその後歴史の闇に葬られ日本人の言の葉に上ることもなく、約250年後の明治維新、岩倉使節団によってようやく日の目を見ることとなった。それはなぜか。

歴史研究者でも郷土史家でもない一私人が抱いた小さな疑問は、先行研究を渉猟し、最新研究に学び、歴史の薄暗がりに足を踏み入れる。そしてついに、仙台藩の生き残りをかけた巧妙な一大トリックは徳川幕府を騙し、後世の研究者までをも混乱させた「つきのうら」の真実にたどり着く。

丸善仙台アエル店 ジュンク堂書店仙台TR店 八文字屋書店泉店 東北大学生協文系書店 金港堂書店堂本店
ヤマトヤ書店6店舗(仙台三越店・仙台長命ヶ丘店・東仙台店・仙台八幡店・石巻中里店・石巻あけぼの店)

蕃山房ホームページよりご購入下さい 「つきのうら」の真実

2020年01月03日

新刊案内―『小畑富蔵「西国道中日記」―江戸時代の旅、仙台からのお伊勢まいり―』もみじの会(代表 高橋陽一)編集

限定200部

文政十三年(1830)十一月二十六日、富蔵ら一〇人は仙台城下を出立し、西国への旅に出ます。往路では、いわゆる江戸浜街道と東海道を利用して伊勢神宮から畿内に入り、金毘羅宮を参詣してUターンし、復路では中山道と奥州道中を利用して仙台に帰郷しました。
古文書サークルメンバーの手で当時の旅行記を解読した労作。全頁、原本写真と解読文が並列され、古文書解読の参考書にも最適。江戸時代旅行史研究の気鋭高橋陽一氏の解題が付きます。
以下の協力書店様の店頭でお買い求めできますのでよろしくお願いします。また、蕃山房購入サイトからご注文を受け付けていますのでご利用ください。
1,500円 ISBN 978-4-9909853-4-9 C0021

  • KANEIRI Museum Shop 6(せんだいメディアテーク1F)
  • 曲線
  • 古本あらえみし
  • 丸善仙台アエル店
  • ジュンク堂書店仙台TR店
  • 八文字屋書店泉店
  • 東北大学生協文系書店
  • ヤマトヤ書店6店舗(仙台三越店・仙台長命ヶ丘店・東仙台店・仙台八幡店・石巻中里店・石巻あけぼの店)
蕃山房ホームページよりご購入下さい 小畑富蔵「西国道中日記」―江戸時代の旅、仙台からのお伊勢まいり―

2019年12月19日

新刊案内『大字誌両竹 1』

多くの皆さまからご期待をお寄せいただいておりました『大字誌両竹 1』が刊行しました。先行予約をいただいておりました皆様には近日中にお手元にお届けしますのでもう少々お待ちください。引き続き、この蕃山房購入サイトからご注文を受け付けていますのでご利用ください。また、以下の協力書店様の店頭でお買い求めできますのでよろしくお願いします。

  • 丸善仙台アエル店
  • ジュンク堂書店仙台TR店
  • 八文字屋書店泉店
  • 東北大学生協文系書店
  • ヤマトヤ書店6店舗(仙台三越店・仙台長命ヶ丘店・東仙台店・仙台八幡店・石巻中里店・石巻あけぼの店)

『大字誌 両竹』1 第1報

『大字誌 両竹』1 第2報

『大字誌 両竹』1 第3報

2019年11月28日

小畑富蔵「西国道中日記」―江戸時代の旅、仙台からのお伊勢まいり― 

限定200部―蕃山房ホームページよりご購入下さい

小畑富蔵「西国道中日記」―江戸時代の旅、仙台からのお伊勢まいり―
もみじの会(代表 高橋陽一)編集         1,500円 12月20日発行予定
                        ISBN 978-4-9909853-4-9 C0021

文政十三年(1830)十一月二十六日、富蔵ら一〇人は仙台城下を出立し、西国への旅に出ます。
往路では、いわゆる江戸浜街道と東海道を利用して伊勢神宮から畿内に入り、金毘羅宮を参詣してUターンし、復路では中山道と奥州道中を利用して仙台に帰郷しました。
古文書サークルメンバーの手で当時の旅行記を解読した労作。
全頁、原本写真と解読文が並列され、古文書解読の参考書にも最適。
江戸時代旅行史研究の気鋭高橋陽一氏の解題が付きます。

小畑富蔵「西国道中日記」―江戸時代の旅、仙台からのお伊勢まいり― 

2019年11月13日

『大字誌 両竹』1 第3報

本書の概要については広報の第1報「先行予約の受付を始めます。」をご覧ください。
ただいま最終校正が進んでいます。刊行までもう少々お待ちください。
掲載記事が決まりました。目次は以下の通りです。

大字誌両竹1 もくじ
はじめに―――泉田邦彦 西村慎太郎 4
両竹の歴史と文化、事始め―――泉田邦彦 西村慎太郎 6
両竹諏訪神社の歴史―――西村慎太郎 10
資料紹介「両竹村地誌書上」― 相馬中村藩領南標葉郷両竹村の「奥相志」類本 ――――泉田邦彦 22
『大字誌両竹』から紡ぐ過去・現在・未来―――西村慎太郎 42
「もろたけじゃんぴん」御支援者 51
両竹に生息する野生動物 ― 二〇一八年度の観察記録 ――――泉田達生 52
東日本大震災と原子力災害以後の両竹地区に関する主な出来事 61
「もろたけ歴史通信」vol. 1―vol. 13 65

⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。

2019年10月25日

『大字誌 両竹』1 第2報

泉田達生氏の「両竹に生息する野生動物―二〇一八年度の観察記録―」が掲載されます。東京電力福島第一原子力発電所の事故のために、放射線災害に覆われた両竹地区の住民たちが避難している間に、本来は人間が生活していた住居地域に、野生の動物たちが顔を出し、自分たちの縄張りとして自由にふるまうようになっていました。両竹地区に出没する野生動物たちの生々しい生態を捉えた観察記録です。
⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。