新刊案内:大字誌両竹

2020年11月27日

新刊案内 好評発売中「大字誌両竹2」

タイトル:大字誌両竹2
編著:西村慎太郎 泉田邦彦
ISBN:978-4-9909853-9-4 C0021
価格:1,000円+税
書誌情報:A5判90頁 単行本ソフトカバー

「『大字誌両竹』第二号刊行に際して」より
福島県の経験した複合災害を後世に伝えることはもちろん重要ですが、なにより大切なのは、この地域の姿を正しく伝えることだと思います。この地域にどのような歴史や文化があったのか、それが震災を機にどうなってしまったのか…。原発事故が地域コミュニティにもたらした影響の甚大さを捨象してしまっては、複合災害の問題が本当の意味で伝えられないように思います。
避難指示は解除されたものの、未だ居住することはかなわず、「復興」にはまだまだほど遠い状況ではありますが、『大字誌両竹』は両竹の歴史と文化を継承目指して編纂を進めております。多くの皆さまとともに両竹地区の過去・現在・未来を共有できたら幸いです。

大字誌両竹2 目次
『大字誌両竹』第二号刊行に際して 泉田邦彦 西村慎太郎
両竹地区の歴史・文化等聞き取り調査報告(一)― 史跡・文化財・地名伝承 ― 泉田邦彦
両竹館について 須貝慎吾
残しておきたい「両竹諏訪神社の今昔」 木幡輝秋
両竹の樹木と伝承 西村慎太郎
両竹地区の草花・樹木、地名伝承に関するアンケート 泉田邦彦・西村慎太郎
東日本大震災原子力災害以後の両竹地区に関する主な出来事(二)
「もろたけ歴史通信」vol. 14―vol. 30

ご購入はこちら

2020年08月03日

『大字誌両竹1』(西村慎太郎・泉田邦彦 2019)がアマゾンでご購入が可能になりました。

下記よりご購入できます。ご利用ください。

Amazonへ

2019年12月19日

新刊案内『大字誌両竹 1』

多くの皆さまからご期待をお寄せいただいておりました『大字誌両竹 1』が刊行しました。先行予約をいただいておりました皆様には近日中にお手元にお届けしますのでもう少々お待ちください。引き続き、この蕃山房購入サイトからご注文を受け付けていますのでご利用ください。また、以下の協力書店様の店頭でお買い求めできますのでよろしくお願いします。

  • 丸善仙台アエル店
  • ジュンク堂書店仙台TR店
  • 八文字屋書店泉店
  • 東北大学生協文系書店
  • ヤマトヤ書店6店舗(仙台三越店・仙台長命ヶ丘店・東仙台店・仙台八幡店・石巻中里店・石巻あけぼの店)

『大字誌 両竹』1 第1報

『大字誌 両竹』1 第2報

『大字誌 両竹』1 第3報

2019年11月13日

『大字誌 両竹』1 第3報

本書の概要については広報の第1報「先行予約の受付を始めます。」をご覧ください。
ただいま最終校正が進んでいます。刊行までもう少々お待ちください。
掲載記事が決まりました。目次は以下の通りです。

大字誌両竹1 もくじ
はじめに―――泉田邦彦 西村慎太郎 4
両竹の歴史と文化、事始め―――泉田邦彦 西村慎太郎 6
両竹諏訪神社の歴史―――西村慎太郎 10
資料紹介「両竹村地誌書上」― 相馬中村藩領南標葉郷両竹村の「奥相志」類本 ――――泉田邦彦 22
『大字誌両竹』から紡ぐ過去・現在・未来―――西村慎太郎 42
「もろたけじゃんぴん」御支援者 51
両竹に生息する野生動物 ― 二〇一八年度の観察記録 ――――泉田達生 52
東日本大震災と原子力災害以後の両竹地区に関する主な出来事 61
「もろたけ歴史通信」vol. 1―vol. 13 65

⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。

2019年10月25日

『大字誌 両竹』1 第2報

泉田達生氏の「両竹に生息する野生動物―二〇一八年度の観察記録―」が掲載されます。東京電力福島第一原子力発電所の事故のために、放射線災害に覆われた両竹地区の住民たちが避難している間に、本来は人間が生活していた住居地域に、野生の動物たちが顔を出し、自分たちの縄張りとして自由にふるまうようになっていました。両竹地区に出没する野生動物たちの生々しい生態を捉えた観察記録です。
⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。

2019年09月30日

『大字誌 両竹』1−先行予約の受付を始めます。

10年間=全10巻の刊行を予定。その創刊号です。
本書は、両竹地域の住民の皆様とクラウドファンディング協力者の皆様に無償配布します。無償配布の対象にならない皆さまからのお問い合わせも多く、ご購入をご希望の方の先行予約を受け付けることになりました。
⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。

福島県浪江町と双葉町にまたがる両竹(もろたけ)地区。
東日本大震災の大津波被害と、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射線被害を被った両竹地区。近い将来、復興祈念公園の建設によって、地震・津浪・原子力災害の被災地という眼差しのみが継承されて、両竹地区の歴史と文化が消滅してしまう。その危機感を抱き、多彩な歴史を掘り起こし、現在を刻み、将来を見通す。

本書は2019年12月刊行予定です。ご予約いただいた皆様には、本書が完成次第お送りします。少々お待ちください。
『大字誌両竹1』
編著:西村慎太郎・泉田邦彦
発行:蕃山房
判型:菊判(152×218)
頁数:80頁予定
定価:1,000円(本体)+税
送料:蕃山房負担
払込手数料:お客様負担

*販売書店については、お取り扱いいただく書店様を募っておりますので、出来次第本ホームページでお知らせする予定です。
本書は注文制ですので書店の店頭には並びません。お近くの書店にご注文くださる場合は、取次を介さない注文方式なので蕃山房(Tel:090-8250-7899)に直接注文を入れるようにお話しください。
確実にご購入をご希望の方は直接蕃山房の購入サイトからご注文下さい。

ご予約はこちら