近刊案内:大字誌両竹

2019年10月25日

『大字誌 両竹』1 第2報

泉田達生氏の「両竹に生息する野生動物―二〇一八年度の観察記録―」が掲載されます。東京電力福島第一原子力発電所の事故のために、放射線災害に覆われた両竹地区の住民たちが避難している間に、本来は人間が生活していた住居地域に、野生の動物たちが顔を出し、自分たちの縄張りとして自由にふるまうようになっていました。両竹地区に出没する野生動物たちの生々しい生態を捉えた観察記録です。
⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。