ニュース

近刊案内−「大字誌両竹」1 第3報

本書の概要については広報の第1報「先行予約の受付を始めます。」をご覧ください。
ただいま最終校正が進んでいます。刊行までもう少々お待ちください。
掲載記事が決まりました。目次は以下の通りです。

大字誌両竹1 もくじ
はじめに―――泉田邦彦 西村慎太郎 4
両竹の歴史と文化、事始め―――泉田邦彦 西村慎太郎 6
両竹諏訪神社の歴史―――西村慎太郎 10
資料紹介「両竹村地誌書上」― 相馬中村藩領南標葉郷両竹村の「奥相志」類本 ―
    ―――泉田邦彦 22
『大字誌両竹』から紡ぐ過去・現在・未来―――西村慎太郎 42
「もろたけじゃんぴん」御支援者 51
両竹に生息する野生動物 ― 二〇一八年度の観察記録 ――――泉田達生 52
東日本大震災と原子力災害以後の両竹地区に関する主な出来事 61
「もろたけ歴史通信」vol. 1―vol. 13 65
⇒先行予約は蕃山房ホームページからお願いします。

福島県浪江町と双葉町にまたがる両竹(もろたけ)地区。
東日本大震災の大津波被害と、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射線被害を被った両竹地区。近い将来、復興祈念公園の建設によって、地震・津浪・原子力災害の被災地という眼差しのみが継承されて、両竹地区の歴史と文化が消滅してしまう。その危機感を抱き、多彩な歴史を掘り起こし、現在を刻み、将来を見通す。

詳しくはこちら

出版について

特集

刊行書籍一覧