刊行書籍一覧

よみがえるふるさとの歴史5 宮城県石巻市

明治時代の感染症クライシス コレラから地域を守る人々

エボラ出血熱、デング熱などの感染症が話題となっていますが、感染症への危機感は時代を超えます。明治15年(1882)にコレラが大流行。全国で死者は33,784人、宮城県では2,361人にのぼりました。この時、石巻地区で感染症予防に奮闘した、医師、警察、有志の人々の姿を描き出します。

著 者:竹原万雄

ISBN978-4-904184-69-1 C0021

¥800円+税

ご購入はこちら